地方創生の意味とは?本来の目的・ゴールを再認識しよう

高齢化社会や東京一極集中などが原因で地方は消滅の危機があり、多くの自治体で地方創生が取り組まれています。地方創生というと、地方の人口を増やすための取り組みと捉えられがちです。しかし、実際は本来の意味を知らずにいる人も多く見られます。そこで今回は地方創生とは何を示すのか、本来の目的と目指すべきゴールについてご紹介していきます。

「地方創生」の意味とは?

地方創生は、一般的に地方を活発化する取り組みや事業を示す言葉として使われています。地方とは、地方自治体のことです。創生は、作り出す・初めて生み出すといった意味を持ちます。つまり、地方創生とは地方自治体が活性化を目指しその地域で新しいことにチャレンジする、あるいは他の地域とは異なる初めての取り組みを生み出すという考え方ができます。

地方創生で目指すべき本来の目的とゴール

地方創生は大まかに言えば、人口減少問題を解消し、各地方の成長を底上げするために自治体が取り組む活動を示します。各地方の持続的な活性化を目指すために、細かく目標とゴールが設定されています。では、地方創生の基本的な目標とゴールを見ていきましょう。

地方での安定した雇用を生み出す

地方ではよく仕事がないという話をあり、それが地方離れの原因となっています。労働者を地方に定着させるためには、安定した雇用の創出が重要です。特に15~34歳の正規雇用を増やしたり、女性の就職率を上げたりする活動に注力しています。地域産業の競争力を向上させるために、創業支援やイノベーション支援、金融支援などの施策が講じられています。さらに、雇用や人材育成をサポートする施設の整備と運用、補助金・助成金の支援などもあります。

地方に人の流れを作る

首都圏に人が移動しないように、地方に住みたい、働きたいと思える地域づくりも重要です。例えば、地方での雇用や就労を拡大するためには、企業の地方拠点や政府関係機関の移転などの施策が挙げられます。また、場所や時間に問わられず働けるテレワークやサテライトオフィスの活用も、地方に住民を定着させる働き方として浸透し始めてきました。

若い世代が安心して結婚・出産・子育てできる社会を作る

人口を増やすためには、若者が結婚し、子どもを産んで子育てできる環境の整備も求められます。子どもを持つと仕事と育児の両立が必要となります。どちらもバランス良く取り組めるために、ワークライフバランスの維持も地方創生では大事な目標です。若者やファミリー世帯の正社員化の実現、子育て世代に向けた包括的支援センターの整備、育休・産休の取得、長時間労働の防止、短時間労働といった施策が講じられています。

地域同士で連携する

地方創生は他の地域を出し抜くための取り組みではありません。1つの自治体が取り組める範囲には限界があります。誰もが安心して暮せる地域づくりを実現するためには、他の地域とも広域的に連携し、助け合っていくことも大切です。それが結果的に大都市圏と変わらない利便性や安全性の確保につながります。

まとめ

地方創生は「人口を増やす」という点だけが目的化されやすいです。しかし、実際は安定した雇用や結婚・出産・子育てのしやすい環境作りなど、細かな目標を長期的に取り組んでいくことが、本来の地方創生であると考えられます。実際の定義はやや曖昧気味ですが、日本の明るい未来を実現する上では重要な取り組みであることは間違いありません。

最新情報をチェックしよう!