地方創生を促進させる!魅力的な企業まとめ

都市部に比べて地方は様々な課題を抱えており、それを解消するために地方創生が取り組まれています。企業の中には社会問題の解決に取り組むところも多いです。そこで今回は、地方が抱える現在の課題を振り返りながら、地方創生の促進に取り組む企業についてご紹介していきます。

現在の地方における課題

現在、地方の多くは人口減少・失業率の増加・労働力の不足という課題を抱えています。まずは地方が抱える課題について見ていきましょう

人口減少

2008年から日本全体の人口は少しずつ減っており、2053年には1億人を割るとも予想されています。65歳以上の高齢者は増加傾向にありますが、新生児の数は大幅に減っています。その影響で、出産年齢人口(15歳以上65歳未満)も減っており、税収の減少で国は財政難に陥っている状態です。地方では若者が東京などの都市部に移るケースが多く、これも地方で人口格差を生む原因となっています。人口減少は空き地や空き家を増やす原因となり、病院や公共交通機関が機能しなくなるというリスクもあります。

失業率

働く意欲がある15歳以上の無職の求職者を完全失業者と呼びます。その割合を示すものが完全失業率で、国内の就業状況や失業者、失業割合を把握する際に使われています。完全失業率は景気の動きを示しており、割合が高いと就職に苦戦している人が多いことを示します。つまり、完全失業率が高いということは景気が悪いことです。地方では完全失業率が高い傾向にあり、景気が悪い企業が多くみられます。

働力不足

人口が減少するということは、労働者の確保が難しくなっている状態を示します。特に若者は地方に残らず上京するケースが多いです。そのため、地方では若い社員を確保できず、生産性の低下で業績の低迷、リストラの増加、最悪の場合は倒産という問題に直面しやすいです

地方創生の促進に取り組む企業3選

都会と格差が出ている地方を救うために地方創生に取り組む企業はたくさんあります。では、どのような会社がどんな取り組みをしているのか、3社の事例をご紹介します。

おてつたび

地方の旅館や民宿では人手不足やPR不足などの課題が挙げられます。おてつたびでは、都心に暮らす学生が宿泊施設のお手伝いをしながら、地方への旅行を楽しんでもらうプランを提案しています。若者と地方の人々をマッチングさせることで、地域に訪れるファンを増やしていく効果に期待できる取り組みです

地域ブランディング研究所

最終的には地域が自走可能なブランディング事業を行う会社です。スタッフ自らが現地に赴き地域が持つ魅力を再発見し、ファンを増やすためのマーケティングやPRなどを提案し、自走できるまでサポートしてくれます。

ランサーズ株式会社

企業とフリーランスをマッチングするプラットフォームを運営しています。フリーランスは時間や場所を選ばずに働けるため、増加傾向にある働き方です。オンラインで完結する仕事であれば、地方を拠点に働くことが可能です。わざわざ都会に移り住む必要がないので、地方創生につながるサービスと期待されています。

まとめ

企業が地方創生に取り組むことで社会貢献ができ、それは新しいビジネスの創出や企業のイメージアップなど良いメリットをもたらしてくれます。自治体の活性化により街の魅力が増せば、企業にさらなる恩恵が返ってくるでしょう。地方に活気が出れば、それは国内全体の活力を上げることにつながるので、ご紹介した企業のように地方創生に取り組んでみてください。

最新情報をチェックしよう!