地方が抱える課題とは?地方創生で取り組むべきこと

近年、日本では都市部への人口一極集中が顕著となっています。都市部に人口が集中してしまうことは社会的な問題ともなっているのですが、さらに地方においての課題も深刻化してきているのです。今回は、地方が抱えている課題や人口減少による課題、地方創生で取り組むべきポイントとはどのようなことがあるのか解説していきます。

地方自治体の課題

地方が抱えている課題はいくつかあります。地方自治体の抱えている課題とはどのようなものがあるのでしょうか?まずは、地方自治体の抱える課題について解説していきます。

人口の減少

都市部への人口流出によって、地方の人口は減少傾向にあります。現在日本は少子高齢化社会も進んでおり、生産年齢人口も減少しています。地方の生産年齢人口も都市部への一極集中となっているので、地方自治体が財政難となっていることも容易に想像できるでしょう。

完全失業率の上昇

完全失業率は、仕事を探しているが仕事が得られない人の割合を示しています。2002年にピークとなる5%台を迎え、それ以降は徐々にではありますが回復傾向にあります。完全失業率は都市部で回復傾向にあると言えますが、地方では上昇傾向になっているのです。

労働力の不足

少子高齢化によって、生産年齢人口が減少していることから労働力の不足が懸念されています。地方に暮らしている高齢者は多くとも、労働力を提供できる若者がいなければ経済も回らず税収も減ってしまい、社会保障にかかる費用もさらに不足してしまうでしょう。

人口減少は様々な課題をもたらす

地方での人口減少によって、労働力不足や自治体の財政難など様々な課題が生まれてしまいます。これは、地方だけの問題には留まらず、日本全体にも大きな影響を与えてしまうことにもつながるでしょう。人口減少に歯止めをかけなければ、将来的にさらに地方の人口減少は顕著となり、運営が困難になる自治体も出てくる可能性があります。

地域の課題を解消する地方創生のポイント

地方の課題を解消するためには、地方創生がカギとなります。地域それぞれの課題を解決するためには、どのような地方創生を進めていく必要があるのでしょうか?ここからは、地方創生のポイントをいくつかご紹介していきます。

テレワークを広めていく

やはり都市部への労働人口流出を食い止めるために、テレワークを広めていく必要があります。テレワークは、時間や場所に捉われずに働けるという多様性の時代に最適な働き方でもあります。都心部にある企業であってもテレワークが導入されれば、地方に生活拠点を置きながらでも問題なく働けるでしょう。

政府の支援策を活用する

政府も地方創生に対する取り組みとして、支援策を打ち出しています。地方創生関係交付金や地方大学・地域産業創生交付金、企業版ふるさと納税、地方拠点強化税制などが財政支援策として、地方で起業する際の支援や地方への移住支援、人材支援、情報支援など政府としての支援策は多々あります。これらをうまく活用することで、地方の活性化につながります。

地域一体で取り組む

地方創生は自治体のみで取り組むのではなく、地域全体が一体となって取り組む必要があります。地域一体となり、地方の強みを生かしていければ地方創生も成功しやすくなるでしょう。

目的化ではなく実行が大事

地方の課題を解消するためには、課題に対する綿密な計画や目的化を図ることも非常に重要となりますが、それ以上に実行することが大切です。いくら計画や目的化ができていても実行に移せなければ意味がありません。途中で頓挫してしまう可能性もありますが、まずは実行してみて課題に対して真摯に向き合うことが必要です。

まとめ

今回は、地方が抱える課題やその課題を解消するための地方創生のポイントをご紹介しました。課題を解決するためには、やはりどのような課題があるのか地域全体で見直してみることや、課題解消に向けて取り組みを実行してみることが大切です。地方の課題が解決されることで、日本全体の抱えている社会問題の解決にも一歩近付けるでしょう。

最新情報をチェックしよう!