地方創生のためのビジネスを成功させるポイント

様々な問題を抱える地方は、今いかに地方創生するのかが課題となっています。そんな中、見事地方創生ビジネスを見事成功させた事例を紹介します。これらの成功事例を参考に、新たな地方創生ビジネスの成功につなげましょう。

地方創生には大きな壁がある

都市部と地方には心理的な壁があり、東京の企業が地方創生を掲げて地方にきても、地元の方は「本当に自分たちを助けるためにきたのか」と疑心暗鬼になるケースが多いのです。地元の方にとっては、地元でずっとやってきた人や企業の方が自分たちの事情も理解してくれると思ってもおかしくはありません。都市部から地方へ行く場合には地元の方といかに距離感を縮めることができるかが課題になります。

地方創生ビジネスで成功した事例

地方創生ビジネスに取り組んでいる企業の中で、成功した事例を紹介します。

シタテル株式会社

多くのアパレルメーカーや工場ではテクノロジー化が遅れており、様々な課題を抱えていました。そんななか、熊本発のベンチャー企業「シタテル株式会社」は衣服生産プラットフォームを提供し、地方にある多くの縫製工場と発注者をつなげることで、地方の縫製工場を活性化することで地方創生を成功させました。

エーゼロ株式会社

エーゼロ株式会社は岡山県西粟倉村と連携し、地方の起業家を育てるローカルベンチャー支援事業」を行っています。起業家を育てることで、地方の仕事を作り出し、人材の発掘や育成の場を作り出そうとしており、こうした取り組みにより西粟倉村では12社のベンチャー企業が生まれ合わせて7億円の売り上げを達成しています。

株式会社小松製作所

建設機械の分野では、世界でもトップクラスのシェアを誇る「株式会社小松製作所」は、本社機能の一部を地方へ分散することで、地方での人材育成に力を入れています。また2011年には「コマツの杜」を設立し、地域との交流や小学生向けの社会体験を行っています。

霧島酒造株式会社

芋焼酎で有名な霧島酒造株式会社では、拠点である南九州産の原材料を使用し業界シェア1位を誇っています。また、自治体と連携しふるさと納税を利用したPRにも力を入れた結果、ふるさと納税寄付金額で全国1位を獲得しました。

まとめ

地方が抱える問題は様々ありますが、それらをチャンスと捉えることで、地方を盛り上げていく一助になればと思います。現在の東京に一極集中した状態から、地方へのビジネスにつなげられるよう、今回紹介した地方創生ビジネスの成功事例を生かし、地方の活性化を目指しましょう。

最新情報をチェックしよう!