地方創生に携わる仕事をしたい!どんな求人がある?

今働いている仕事を辞めて、地方創生のために奮闘したいと考えている人はいませんか?生まれ育った故郷を多くの人たちに広めたい、魅力を知ってもらい後世にも残していきたいなど、考えは人それぞれでしょうが地方でも企業をサポートしようという動きが強くなってきました。そこで、地方創生で必要になることや、どういった職種があるのかなど、不安なく転職できるよう考えられる疑問について迫っていきます。地方創生に興味のある人は参考にしてください。

地方創生で必要になること

日本全体の活力をアップさせるために、

・女性の就業率をアップさせる
・地方での若者の雇用者数を増やす
・東京圏から地方への転出を増やす

といった目標を掲げて2014年に生まれたのが地方創生です。
地方の活力を上げるために様々な事業が誕生していますが、全てが成功しているわけではありません。
これからの地方創生に必要になることは、企画だけで終わらない実行力や第三者によって気付かされるアイデア、より多くの地域で地方創生を展開することとなります。企業や地域の努力はもちろんのこと、スピードや実行力も必要となり経験やノウハウを持った人物が地方には必要となるでしょう。

地方創生に携わる職種とは?

地方創生に関わる仕事にはどんなものがあるのか、詳しくご紹介していきます。

提案営業

提案営業はその名の通り、案を提供する仕事です。
株式会社リクルートジョブズでは、タウンワークやとらばーゆなどの自社メディアを活用して顧客の課題を解決することが仕事内容となっています。
企業が成長するためには求人広告を掲載するだけではなく、採用成功を増やすことが重要と考え企業や店舗を活性化させるために解決策を提示していくのです。

広告企画営業

地方の魅力を伝えるためには、広告も有効な手段のひとつです。
動画広告では、地域の魅力を国内外に発信できるでしょう。
中には、地域の名産品をPRするイベントの開催なども手掛ける仕事もあります。
若者を増やすために、大学の紹介パンフレットを魅力あるものにすることなど、媒体に囚われない企画を考える必要があるでしょう。
大好きな地方の魅力を広めたいと考えているのなら、広告企画営業がおすすめです。

地域おこし協力隊

地域の特性を活かした祭りやイベントなどを全国に向けて発信する地域おこし協力隊もあります。
情報発信のために、SNSなどを使用するだけではなく役場にいる人たちのサポートなども行います。
地域の人たちと一緒になって発信できる仕事で、自分自身もより魅力を感じられる仕事でもあるでしょう。

まとめ

Uターンをして新しく仕事を始める若者が増えてきています。
大都市圏で生まれ育った人の中でも、地方暮らしに魅力を感じて家族で移り住む人もいるのです。そんな人たちのことを国は後押しをしています。
上記の他にも求人は地域によって複数あるので、地方創生に関わる仕事をしたいのであれば実行に移してみましょう。

最新情報をチェックしよう!