地方創生予算を支給するポイントとは?

地方創生予算が支給されるのは、様々な目的があるからです。
今回は、地方創生予算が支給される目的や令和2年度の地方創生予算について解説していきます。

地域社会再生事業費の創設

1つ目の目的は、地域社会再生事業費の創設です。
地域社会再生事業費の創設というのは、地域社会の維持や再生のための施策を地方公共団体が自主的・主体的に取り組むための経費を準備しようというものです。地域社会再生事業費を新たに計上することによって、人口の減少や少子高齢化の進行によって地域社会の持続可能性に対する不安が生まれている地方公共団体への地方交付税を重点的に配布できるようになると考えられています。
地域社会再生事業費には、それぞれの都道府県が行っている技術職員の柔術などにかかる経費も含まれます。
このような措置を実行するために、第201回通常国会に「地方交付税法等の一部を改正する法律案」を提出しています。

地域経済の活性化と地方への人の流れの創出

2つ目の目的は、地域経済の活性化と地方への人の流れの創出です。
この目的を達成するために、

・分散型エネルギーインフラプロジェクト
・ローカル10,000プロジェクト
・マイナンバーカードを活用した消費活性化策
・シェアリングエコノミー活用推進事業
・関係人口創出・拡大事業
・地域おこし協力隊の拡充等地域への人材還流の促進
・特定地域づくり事業の推進
・「移住・交流情報ガーデン」の充実等地方への移住
・交流の推進等
・ふるさとワーキングホリデー
・お試しサテライトオフィスの推進
・若者定着に向けた地方大学の振興等

といった取り組みを打ち出しています。
特に若者に対する取り組みは、地方創生に大きな意味をもたらすのではないかと考えられるでしょう。

令和2年度の地方創生予算はどのくらい?

地方創生予算は、様々な目的を実現するために組み込まれるものです。
最後に、令和2年度の地方創生予算はどうなっているのかみてみましょう。

・地方創生に向けた総合的な対応1,000憶円
・地方への人の流れの強化28億6,000万円
・地方のしごとづくりと担い手の展開/支援7億2,000万円
・地方を支えるまちづくり16億4,000万円

令和2年度の地方創生予算はこのようになっています。
これらの予算によって地方が活性化する可能性があり、地方創生予算を使用した成功事例が増えていけば、今後はさらに予算が増えることも期待できるでしょう。

まとめ

地方創生予算は、地方の活性化に欠かすことができない予算だと考えられます。地方創生予算を活用した事例は今後さらに増えていくと考えられるので、地域活性化や地方創生の動きは要注目だと言えるでしょう。

最新情報をチェックしよう!