地方創生のカギになる?CCRCとは!

アメリカではシニア世代の暮らし方にCCRCというものがあります。老人ホームとは違い、セカンドライフを楽しむための選択肢として普及しており、地方創生のカギとなりえることから日本でも取り入れようという動きが出ています。CCRCとはどんなものなのか、地方創生への役立て方についてみていきます。

CCRCとは?

高齢化社会の話題に触れた時、よく耳にするのが「CCRC」という言葉です。
CCRCとは「Continuing Care RetirementCommunity」の略称ですが、一体どんなものなのでしょうか?

アメリカで普及している生活共同体

CCRCとは、高齢者が健康なうちに入居し、継続的なケアを受けながら最後まで過ごすことが可能な生活共同体のことです。
1970年代にアメリカで始まったこの取り組みは現在、全米でおよそ2,000箇所、約70万人が居住しているといわれています。老人ホームと違い、“今の健康を長く維持するため”に用意された施設なので、セカンドライフを楽しむプログラムやサービスが提供されているのが特徴です。
自身が学んだり、教える立場に立ったりと学ぶ喜びを味わえる大学連携型CCRCは人気が高く、増加傾向にあります。

日本に合わせた「日本版CCRC」が必要

アメリカで普及するCCRCを日本の社会特性に合わせて考案されたのが「日本版CCRC」です。
ポイントは“高齢者の希望の実現”“地方への人の流れの推進”“東京圏の高齢化問題への対応”の3つです。
高齢者が東京圏から地方のCCRCへ移住することで地方での医療介護サービスの提供や雇用の維持が可能になります。

CCRCの普及は地方創生に効果的

日本版CCRCの特徴は、地方への人の流れを作り、東京圏の高齢化に歯止めをかける要素が含まれている点です。
それは地方創生にも大きな効果をもたらすと期待されています。

今後CCRCがシニア世代の新しい暮らし方になる

老人ホームでは、入居者はサービスを受ける存在でしたが、CCRCでは社会活動や生涯学習などを自らが行う主体的な存在です。
若い世代など、地域の人たちと積極的にかかわることで充実した生活を送り、心身ともに長く健康でいられるため、介護リスクを減らすことにもつながるのです。今後はCCRCという新しい暮らし方が一般的になると期待されています。

日本版CCRCの課題とは?

CCRCとは、あくまで健康な人が入居するセカンドライフを楽しむための生活共同体です。
しかし、一部からは「東京圏の介護問題を地方移住で解決する」手段と捉えられているのです。そういった誤解や偏見をなくすため、幅広く丁寧な周知が必要といえるでしょう。

まとめ

CCRCとは、健康な高齢者が充実したセカンドライフを楽しむための生活共同体です。
東京圏への一極集中や高齢化社会を解決する地方創生の一端としてCCRCの普及は大きく期待されています。


最新情報をチェックしよう!