経済産業省が推進する地方再生について知りたい!

経済産業省では、地方再生を推進しています。
地方再生を推進しているといっても、どのような取り組みをしているのかよく分からないという人も多いでしょう。そこで今回は、地方再生の概要や地域経済分析システムについて解説していきます。

地方再生とは?

まずは、地方再生がいったいどのような取り組みなのか見ていきましょう。

地域再生制度の概要

地方再生制度は、地方再生法に基づいて行われている取り組みです。
地方再生法というのは、地方公共団体が作る地域再生計画に認定された計画に基づいた支援措置を講じるというものです。地方公共団体が行っている自主的、自律的な地域の活性化を支援しています。
地方再生法に基づいて行われている支援には、地方創生推進交付金、起業版ふるさと納税、地域再生支援利子補給金などがあります。

ふるさと納税制度も地域再生の一環

ふるさと納税制度も地域再生の一環となっています。
ふるさと納税制度は、都道府県や市町村に対してふるさと納税を納めることによって、寄附金額のうち2,000円を超える部分を所得税や個人住民税から控除できるというものです。
控除を受けるためには確定申告をしなければいけませんが、給与所得者の場合は5団体以内であれば確定申告をしなくても控除が受けられふるさと納税ワンストップ特例制度という制度も制定されています。

地域経済分析システム(RESAS:リーサス)とは?

地方創生や地域再生のために活用できる地域経済分析システム(RESAS:リーサス)というサービスもあります。
続いては、このサービスがどのようなものか説明していきましょう。

概要と機能

地域経済分析システム(RESAS:リーサス)は、内閣官房と経済産業省が産業構造や人口、人の流れなどのビックデータを集約し、さらに可視化するためのシステムとなっています。
このシステムは、産業マップ、農林水産業マップ、観光マップ、人口マップ、自治体比較マップという5つのマップで構成されているのです。
グラフとマップで見える化することによって、誰が見ても分かりやすい統計データを作ることに成功しています。

毎年政策アイデアコンテストを開催している

毎年政策アイデアコンテストというコンテストも毎年行われています。
このコンテストは、応募者が暮らしている地域もしくはゆかりのある地域の現状を踏まえた課題を解決するための政策アイデアを提案するというものです。
自分自身の地域がどのような現状にあるかを知れるだけではなく、未来についても考えるきっかけになるでしょう。

まとめ

地方再生や地方創生は、大きな課題として私たちにのしかかっています。
経済産業省もその解決に向けて様々な取り組みを行っていることから、どれほど重要な事か理解できるでしょう。
地方再生や地方創生に対する理解を深め、これからの未来に向けた対策を私たちも考えていく必要があります。


    Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /home/inagr/sanin-fudousan.com/public_html/wp-content/themes/the-thor/template-parts/single-prevnext.php on line 41

    Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /home/inagr/sanin-fudousan.com/public_html/wp-content/themes/the-thor/template-parts/single-prevnext.php on line 42

    Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /home/inagr/sanin-fudousan.com/public_html/wp-content/themes/the-thor/template-parts/single-prevnext.php on line 43
最新情報をチェックしよう!