「ESG」の意味とは?経営者や投資家が注目する理由

近年、ESG企業やESG投資など「ESG」という言葉が注目されています。よく耳にしていてもどういう意味を示す言葉なのかあまり分かっていない人は多いようです。
そこで今回はESGとは何か、また注目される理由について解説していきます。

ESGの意味

ESGとは、「Enviroment(エンバイロメント)」・「Socal(ソーシャル)」・「Governance(ガバナンス)」の頭文字を取った言葉です。企業が持続的に成長できるかどうかを判断するための指標となります。欧州発祥の考え方で、日本でも企業や投資家の間で浸透し始めました。
では、3つの言葉の意味を詳しく見ていきましょう。

Enviroment

環境を意味する言葉です。
環境に配慮し、地球環境の問題に対する取り組みを示します。
具体的には地球温暖化を食い止める取り組みや、生物多様性保全の取り組みなどが当てはまります。

Socal

社会を意味する言葉です。
社会的な課題の解決に向けた取り組みを示します。
人権への対応、地域貢献、女性の積極的な雇用といった取り組みが該当します。

Governance

企業統治を意味する言葉です。
顧客や株主、従業員など企業と利害関係のある人物に対する社会的責任を示します。
法令遵守や社外取締役の独立性、情報開示への取り組みが当てはまります。


この3つの要素に向き合う企業のことをESG企業と呼びます。
さらに、その企業に対して投資することをESG投資と呼ぶようになりました。

ESGが注目される理由

ESGが注目される理由は、企業が売上や利益中心の考え方の固執する傾向にあったからです。
例えば、無理に事業展開を行えば環境汚染や労働問題、従業員や上層部の不祥事などのトラブルを招きやすいです。
トラブルが起きれば企業経営に致命的なマイナスを与えかねません。そういった社会問題が蔓延したことで、反省の意味でESGに向き合う企業が増えているのです。
ESG企業は成長性に期待でき、積極的に投資していく投資家が増えています。企業は事業活動でESGのリスクとチャンスを把握し、リスクを最小限に抑え、チャンスの最大化に向けてどのように取り組んでいくのか、そして投資家に方向性を示していく必要があります。

ESGに取り組む企業例

ESG企業例として、いくつかご紹介させていただきます。

SOMPOホールディングス

環境に配慮した取り組みでは、サプライチェーン(商品の製造から販売までのシステム)で発生するCO2の排出量を2030年までに21%削減、各自治体と協定を結んで、利害関係人と森林の設備や環境教育の実施を挙げています。
また、自然災害への社会保険を充実させて、社会の課題解決に向けた取り組みも進めています。従業員の男女比率は約5:5で、男性も女性も働きやすい環境の提供にも努力しています。

丸井グループ

ESGだけではなく、SDGs(持続可能な開発目標)の観点も配慮して、回収した衣料品をアフリカに寄贈しています。
また、回収した衣料品は再販にも活用されており、その利益は震災の復興支援のために提供されていました。
働き方改革においてはワークライフバランスの維持を大事にしており、仕事とプライベートを両立できる働き方が可能です。

まとめ

ESGは、簡単に言えば社会への貢献が自社の企業価値の向上につながるという考え方です。
企業は売上や利益といった財務評価ばかりに固執するのではなく、社会的な課題の解決に向き合った企業経営が求められる時代となりました。
投資家の間でも注目されているワードなので、ESG企業への投資は世界でどんどん広まっていくと予想されます。
企業は成長していくために、企業経営についてもう一度見直していく必要があるかもしれません。

最新情報をチェックしよう!