変わりゆく結婚事情!最近の婚活サービスはすごい!?

近年、様々な方法で婚活をする人は増えてきました。
婚活サービスの種類も非常に多くなっています。
そこで今回は、婚活サービスは急成長している理由や、話題のマッチングアプリを複数ご紹介していきます。

最近の婚活サービスは安心に利用できる

日本国内の婚活・恋活マッチングサービスは非常に普及が進んでおり、5年後の市場規模は倍程度までに伸びると予想されています。
婚活サイトはこのように需要が高まる以前から存在するものではありましたが、「サクラがいる…」「相手と会えなかった…」といったような問題が多々ありました。しかし現在のマッチングアプリは違います。
入会時に公的身分証明書で年齢確認を必須にしたり、運営会社が24時間見張る体制を行ったりと、非常に安心して利用できるようになってきています。この安心して婚活・恋活できることが多くの人に選ばれ、日本でも数多くの企業がこの分野に参集してきています。

マッチングアプリの先駆け的な存在ティンダー

現在日本においてマッチングアプリを使用しているのは20代〜30代の出会いたい男女の5人に1人が利用しているとされています。
これはマッチングアプリの先進国でもアメリカとなると国民の3人1人という規模に拡大し、マッチングアプリで交際のみならず結婚にまで至った夫婦が多くいます。
マッチングアプリの先駆け的な存在であるティンダーは数年前世界全体で流行ったアプリで、2015年から日本でも多くに人が利用するようになりました。
その結果マッチングアプリをビジネスにしようとに着目する人は多くなり、日本でも多くのアプリが誕生してきています。

日本でも広がるマッチングアプリの数々

最後は、規模の大きい日本のマッチングアプリをご紹介していきましょう。

ペアーズ

ペアーズは会員数国内最大級のマッチングアプリです。
ペアーズの特徴は初めての方でも試してみやすいところにあり「まずは交際から」「すぐ結婚ではなくお互いをよく知ってから」と考える人に向いています。
始めやすいだけではなく、多くの上手カップルの情報を公開していることも人気を集める理由の一つなのでしょう。

タップル誕生

タップル誕生はカジュアルに出会いたい人向けのマッチングアプリです。
利用率は20代が圧倒的に多く、趣味から始まる恋を目指して利用する方が大半です。
このようにアプリそれぞのターゲティングがあるので、自身に合ったアプリを選んでより自分好みの相手を見つけやすくなっています。

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結びはウェディング、ブライダル雑誌大手のゼクシィから派生したアプリサービスです。
常駐のコンシェルジュがデートの日程から待ち合わせまで約束を取ってくれるので奥手な人でも出会いに結び付けられること間違いなしです。

まとめ

ティンダーをきっかけに日本にも広まった企業のマッチングアプリ参入。
今そのアプリの数は数えきれないほど増えつつも、高まる安全性によってどれも安心して利用できます。
今後もますます婚活・恋活マッチングサービスは市場が伸びていき、さらなる新しいサービスも生まれていくことでしょう。

最新情報をチェックしよう!