10代からスタートアップ!?考えるべきこととは?

最近は、若い打ちから企業をする人がかなり増えています。
これからの時代を生き抜くためには、10代からスタートアップについて考えるべきだとされています。
その理由をここで徹底解説していきましょう。

スタートアップ魂は学生時代から鍛える世の中に

数々のビジネス論が生まれるシリコンバレーから入ってきたワードのスタートアップですが、これは「比較的新しいビジネスで急成長し、市場開拓段階、局面にある企業や事業」という意味や位置づけとなっています。
スタートアップを志す起業家は主に、これまでになかった分野でチャレンジしることを目標にしている人が多いです。
チャレンジ精神が必要とされるビジネスと言え、そんな起業家たちには考えるよりも手を動かすといったスキルも必要になっています。
そこで注目されているのが高専生(工業・高等専門学校)です。高専生は実践重視の考えを持ちスタートアップ企業との親和性が非常に高いと推測されています。
実際に北九州高専では起業家を目指す学生のために設けた高専起業部があり、全国の企業を巻き込みながらスタートアップに向けて果敢にチャレンジするのを後押ししています。

地元からも手厚いサポートが

現在北九州高専では高専起業部の他、授業においても起業家育成を図るプログラムを用意しています。
その講義はスタートアップ概論というもので、自動車メーカーやコンサル、スタートアップ支援企業などから現役のビジネスパーソンを講師として招き、起業家になりたい学生にスタートアップする際の大事なことを教えています。
それに加えて、日本政策金融公庫の北九州支店は、2019年8月に地元就職や企業人材の育成で連携協定も結んでいます。
日本公庫が地元中小企業の具体的な人材ニーズや事業課題を持ち込み、高専生が就労体験できる仕組みをつくっているのです。
こうしたように、地元が一丸となってスタートアップの支援に強力することで、最終的には地元を強く支えてくれる人材育成ができるとされています。

まとめ

「考えるよりもまずは手を動かす」という考えは今の社会を担う若者にとって欠かせない言葉なのかもしれません。
スタートアップは高専生との相性がいいことから、地元企業や金融機関がバックアップしているところも徐々に増えてきています。
多くの支援で優秀な人材を輩出する地域に「誇り高い町」と考える学生もいることでしょう。後の地元を支える頼れる存在になることも期待できます。

最新情報をチェックしよう!