ローカル経済を活性化させるなら今がチャンス!

新型コロナウイルスは、私たちの生活に大きな影響を与えています。
新しい生活様式に則った生活をしなければいけない状況になり、これまでの暮らしとは一変してしまったという人も少なくありません。
そんな中で注目をローカル経済の活性化に対する注目度が高まっています。
今回は、ローカル経済を活性化についてみていくことにしましょう。

コロナによる変化を追い風に!

新型コロナウイルスによって、日本だけではなく世界中に大きな変化が生まれました。感染拡大する前に戻ることはなかなか難しいかもしれません。
そのような状況の中で、世界各地でこれまでは見られなかった変化が起こっているのです。それが、地方行政や地方経済の変化です。地方行政や地方経済が危機的な状況になったことによって、前に進むようになってきました。
新型コロナウイルスの影響はかなり大きく、非常に大きな打撃も与えています。それほど危機的な状況に陥ったからこそ、地方行政や地方経済の変化が生まれたのは私たちの生活をより変化させる出来事だと言えるでしょう。
これをむしろ追い風として利用していくことができそうです。

ローカル経済の活性化がポイントに

世界が大きな変化を遂げている中で、ローカル経済の活性化が重要なカギを握っていると考えられています。
地方で事業を行っている経営者の多くは、早い段階で資金繰りに関する調整を行い、コロナショック後の市場にも対応できるような取り組みをスタートしています。
それだけではなく、アフターコロナやウィズコロナを前提に考えたビジネスを展開するケースも増えてきました。
感染拡大を防止するための自粛により、地元で消費するようになったという人も増えています。地元企業が潤っていけば、良い循環も生まれると考えられます。
その循環をよりスムーズにすることよって、日本全体の経済にも良い影響を与えると予想できるでしょう。

若者は地方に注目し始めている!?

ローカル経済の活性化は、リモートワークの増加によって加速する可能性も考えられます。
リモートワークであれば地方に暮らしていても仕事ができます。
さらに、地方への転職を希望する人の割合も高まっていることから、ローカル経済は今後活性化していくと考える人が多いのも納得できるでしょう。
それらを踏まえて考えてみても、地方にとって今はチャンスの時だと言えます。

まとめ

ローカル経済は、これまで前進するきっかけをつかむことができなかったり、きっかけがあってもそこまで積極的に変化しようとしてこなかったりといった理由から成長率はそこまで高くありませんでした。
しかしコロナ禍において、世界が大きく変化しています。
その変化の波に乗ることができれば、ローカル経済活性化の大きなチャンスを掴み取れることでしょう。

最新情報をチェックしよう!