コロナ移住によって地方にも大きなチャンスが!

新型コロナウイルスの感染拡大によって、地方への移住を検討する人が以前よりも多くなりました。
その背景には、リモートワークで対応する企業が増えたという理由があると考えられます。
今回は、コロナ移住が注目を集めている理由や移住者が増えることが地方創生の足掛かりを作れるのかといった点についてみていくことにしましょう。

新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに移住が注目されている

新型コロナウイルスの感染拡大によって、都心から地方へと移住を検討する人が増えています。
これまでは会社へ出勤する都合上、都心に暮らしていた方が利便性も良かったというケースが多いのですが、リモートワークを取り入れるようになってからはそのような考えをする必要もなくなりつつあります。
通勤時間の長さはストレスにもなってしまうので、少しでもその負担を軽減したいとリモートワークが始まる以前は思っていた人が多いでしょう。

しかしリモートワークが始まったことで、そのストレスから解放されることになります。
それによって、少しでも快適な環境の中で生活をするために、地方への移住を検討する人が増えたと考えられます。都心部は生活の利便性は良いと感じるでしょうが、家賃が高いわりに居住空間が狭いことに不満を感じる人も少なくありません。
それに対して地方の場合は、家賃を抑えながら快適な環境で暮らせる可能性が高くなります。
最近は、「SMOUT0」という移住を希望する人と地方自治体をつなぐプラットフォームもでき、多くの人が活用しています。新型コロナウイルスの感染拡大を機に、利用者が増えているため、地方への移住を検討する人はどんどん増えていることが分かるでしょう。

コロナ移住は地方創生の足掛かりになるのか?

新型コロナウイルスの感染拡大は、地方創生にも大きな影響を与えています。
政府も地方創生に向けた基本方針案をまとめています。
基本方針案では、リモートワークの支援を行い、移住を促すことが示されているのです。これには、東京一極集中状態になっている現状を打破したいという狙いもあると考えられます。
地方への移住はこれまでにも実践しようと考える人が多く見られましたが、今後はさらに加速していくことが予想されます。そしてそれは、地方移住者を増やすことにつながり、地方の活性化や地方創生にもつながることでしょう。

まとめ

コロナ禍で多くの人が、本当に大切なものは何か、必要なものは何かを考えることが多くなりました。
都心部は確かに生活の利便性を感じられますが、感染リスクが高いという不安が常に付きまといます。
そのような不安を感じたくないという人が地方へ移住すれば、地方の人工が増え、地方創生も進みやすくなると考えられます。
つまりこれは大きなチャンスだと言えるでしょう。

最新情報をチェックしよう!