D2Cが販売方法を変化させる?

現在のファッションや物販業界では、小売りのシステムに大きな変化が訪れています。これまでの業界では、実店舗や中間業者を通じた販売がメインとなっていました。
しかし現在は、SNSの普及によってメーカーまたは個人が直接ユーザーに働きかけ、商品の魅力やメリットを伝えられる時代となっています。
ユーザーは興味や関心など、自分に合ったものの魅力をダイレクトに受け取れるため、今まで以上に購買意欲も高まっていきます。また個人の行動や興味、関心に合わせたサービスの最適化によって、顧客から個客を知る機会が重要となり、不特定多数の顧客ではなく、一人ひとりの個客の動向を知ることで、より最適化した展開が可能になりました。
この考えがD2C(ダイレクトtoコンシューマー)です。さらに、このD2Cの定着によってオンライン上でメーカーや個人が商品を売ることが当たり前となっただけでなく、実店舗の展開や期間限定のポップアップストアの出店も増加傾向です。
この場合、オンライン上では伝えきれない商品の世界観や価値を直接伝える手段として活用でき、求めているものを適切な所で提供する必要があります。

D2Cの特徴をご紹介

D2Cは、中間業者を利用せずに自社で企画から販売まで行うことで、中間マージンを抑えながら低価格で直接商品やサービスを提供できるビジネスモデルです。
主なターゲット層は20代〜30代がメインとなり、SNSやライブ配信でのアピールに抵抗がないのが特徴です。
無名ブランドであっても購入されるのが、D2Cの特徴ともいえます。特にファッション業界で多く見られ、日本では”売らないお店”をコンセプトにファブリックトウキョーと百貨店のマルイによって、ブランド体験やコミュニティとしてリアル店舗を出店しています。
このように、既存の企業がD2Cモデルを取り入れるだけでなく、D2C専門の企業も誕生しているのです。

アパレル以外でもD2Cを展開している

今まではD2C=アパレルが先行しているイメージでした。
しかし、D2Cは他の業態でも展開できるものとなります。
例えば不動産業界なら、大家さんが直接SNSなどで部屋の紹介を行い、大家さん自身も有名になったケースがあります。また飲食業界では、新たなコンセプトのお酒や食品をネットでブランディングしたことで購入者を集めることができています。
特にコロナ禍の今に合っていたこともあり、需要も増加傾向でした。

まとめ

ここでは、D2Cのビジネスモデルをいくつかご紹介しました。
D2Cは、中間業者を利用せずに自社で企画から販売まで行うことで、中間マージンを抑えながら低価格で直接商品やサービスを提供できるビジネスモデルです。
アパレル業界を中心として普及している仕組みですが、多くの業界で利用傾向にあります。
SNSの普及によって、消費者の価値観や購入手段が変わりつつあるということです。

最新情報をチェックしよう!